暖簾について知りたいこと

のれんの形や特徴

のれんの製作を考える

部屋の前に取り付けることで
特別感を演出できる

古来からお店の宣伝目的として、軒先に飾られるようになったのがのれんです。のれんは正方形の布を等間隔で切れ目を入れ、その切れ目にお店の名前や好きな絵柄をデザインをして飾るのが特徴です。


元々は平安時代に中国から伝わった文化であり、当時の貴族のステータスとして飾られた歴史があります。その後戦国時代に突入すると、武将が武功を挙げたことを証明するために
自身の家紋などをデザインをしたことが現在ののれんにつながります。


そのご戦国時代が終結をすると、武功を挙げたことにの証明に使われていたのれんは
別の形で利用されることになるのです。それがお店の宣伝目的であり、
戦国時代に尾行の証明として使われていたデザインはお店の名前や商品名を記載することで
どんなお店なのかわかりやすくするための宣伝用に活用されます。

のれんの沿革


そして古来からの宣伝用として活用されてきたのれんが現在に残る理由は、
顧客にとってよい効果を発揮することが分かったからです。その効果というのが
目隠しであり、顧客のとって自身がお店で商品を購入している
姿を見られるのは恥ずかしいので、ゆっくりと商品を選べないのです。


そこでのれんを軒先に飾ることで目隠しをすれば、顧客は第3者からの
目線を気にせずにお店の商品を見ることが出来るので、ゆっくりとした時間を堪能することができます。

 

寒色を取り入れることで集中力アップにつながる

武功の証明からお店の宣伝目的と用途が変わったのれんですが、
実は別の新しい形が定着しつつあります。それは一般の家庭で、
小型のれんを飾るというものです。


なぜ一般家庭で飾ることが増えているのかというと、それは先述したように
目隠し効果が別の新しい価値を生み出したのが理由になります。


その分かりやすい例として、子供部屋への活用です。


子供部屋の用途は読書やゲームといった趣味を楽しむだけでなく、
就寝や宿題をするための勉強部屋としての役割があります。


趣味や勉強部屋として活用する場合、部屋にとって重要になるのが気持ちの切り替えです。


何かしらの作業をするときには、心機一転をし気持ちを切り替えて
作業に入らないと、成功率が低くなります。

勉強に効果的


ただ勉強や趣味をする場所と分かっていても、普段慣れている部屋に入る形だと
簡単には気持ちを切り替えるのが難しいです。


そこで部屋の入り口に、小型ののれんを飾ります。
のれんを飾ることによって、先に言った目隠し効果で部屋と廊下が区切られることになるのです。


くぐった段階で、底は日常生活は別の空間となり気持ちを切り替えられます。
さらに飾るときに、集中力を高める目的で青や白といった寒色を飾るのです。


寒色は視覚効果でリラックス効果を発揮し、行動のスイッチと
抑制のスイッチがバランスよくなることから、集中力が増し物事の成功率を挙げてくれます。

 

 

特徴を活かすサイズ一般的目的メリット宣伝広告地域性起源別注オーダー料金の相場納期本染めに使用伝統技法京都のれん勉強部屋で活用SITEMAP