暖簾について知りたいこと

のれんの形や特徴

のれんの製作を考える

のれんの色入れ技法~顔料染めとは

顔料染めとは生地に色を付ける染料と顔料の方法のうち、
顔料を使って染める方法となります。


生地の奥まで染まる染料と違って、顔料は溶けないし
繊維の中に浸透もしないので(接着剤などで付着させて)
繊維の表面に固着させる事になります。

表面を染める

基本的に生地の上にプリントする形が一般的ですが、近年は
顔料を上下別々に手で染めるなどの技術の向上が見られます。

のれんに顔料染めを行う場合、色落ちしやすくすれることで
色が移るというデメリットがあります。

他にも際のラインがガタガタして美しくなかったり、臭いがあったり
べったりとした印象に仕上がる点も挙げられます。

しかし顔料染めののれんの場合、日光に強い点がメリットとしてあります。
よって屋外で使用するのれんの場合は、顔料染めの方が向いている側面があります。

日光に強い

また耐光性が高いので、日除けのれんとして使用する場合も顔料染めが向いています。
その特性から、裏写りがしない所もメリットとなるポイントです。

この染め方は、顔料インクでプリントするといった方法もあるので
職人が染める染め方と違ってコストを低くできるのが特徴です。

よって複数ののれんを作りたい場合、低価格で仕上げる事が出来るメリットがあります。
特に綿の場合相性が良く発色が強くなりますし、他の素材よりもコストを抑える事が可能になっています。

また上にプリントされる為に生地の中に浸透しないので、色も透けることが無く
その色の鮮やかさが長期間続く仕上がりになります。

 

 

特徴を活かすサイズ一般的目的メリット宣伝広告地域性起源別注オーダー料金の相場納期本染めに使用伝統技法SITEMAP