暖簾について知りたいこと

のれんの形や特徴

のれんの製作を考える

日よけ暖簾

温泉や銭湯、玄関の仕切りなどに
暖簾はよく使用されています。


もともとは、外と家の中を分けるといったように
単純な目的のために使われてきましたが、最近では
高級感を演出したり、広告宣伝の手段としても使用されています。


日よけ暖簾は、日差しを遮るためだけではなく、宣伝広告のために
多く使われ、サイズも様々なものがあります。


日よけ暖簾は、暖簾の中でも非常に大きい方で、縦が200センチメートル、
横が100センチメートル程度あります。


しかし、注文時に大きさはある程度自由に選ぶことができるので、
日よけをしたい窓の大きさや、集客の効果に合わせることができます。

綿帆布
また、形は基本的には長方形ですが、
生地にできるものは何種類かあります。

生地は、バンテン、綿、帆布、テトロンツイルといった
多様なものから選ぶことが可能で、店舗の雰囲気に
合わせることができます。

テトロン
また、色も比較的自由に選べ、サイズが大きいのでロゴや文字も
鮮明に印刷することができます。


日よけ暖簾は、サイズが大きく印刷が克明にできるので、日光を遮る
目的だけではなく、宣伝広告の媒体としても使用されています。


サイズが大きく目立つので、集客の効果も強くなります。
また、デザインもオーダーメイドが可能であり、ロゴや店舗名も
大きく載せることができます。


また、費用も効果ではなく、30000円前後で制作することは十分に可能です。
日よけのために作られる暖簾は、非常に多用途で、多彩なデザインのものが
数多く存在しています。

 

西日本地域別!取り扱う繊維産業の特徴

日本でポリエステルやナイロンといった合成繊維の生産が盛んな地域が、北陸地方です。
フィラメントと呼ばれる長繊維の合繊織物と編物で見ますと、全国の90%が北陸産地で生産されて
いると言います。

 

福井県は、2~3世紀ごろ養蚕と製織の技術が大陸から移り住んできた人たちより伝えられたと
されていて、降水量が多くて湿度環境の良いことが織物生産に適していることも今日まで発展
してきた理由として考えられています。

 

石川県の小松は加賀絹の発祥とされる地域で、遡ること室町時代に将軍であった足利氏に
加賀絹を献上したことで広まっていき、富山県では麻や綿に絹などの生産が明治時代よりも
前から始まっていたと伝えられています。

 

1900年には最新鋭のバッタン機が導入されたり、1920年はレーヨンが登場した年で人絹織物の
輸出に力を注いでおり、1973年には北陸産地が米国の合繊長繊維織物生産量を上回って世界で
最大の産地に躍り出た歴史があるのです。

 

滋賀の湖東は近江上布で大阪の泉州は和泉木綿になり、京都の丹後ちりめんや岡山はデニム素材、
愛媛は今治タオルで最大のタオル産地として知られていますし福岡は博多織が有名になります。

 

今一度、暖簾に使用されている繊維についても知っておきたいものです。

 

 

特徴を活かすサイズ一般的目的メリット宣伝広告地域性起源別注オーダー料金の相場納期SITEMAP