暖簾について知りたいこと

のれんの形や特徴

のれんの製作を考える

長暖簾

暖簾は長暖簾のほか、半暖簾、日除け暖簾、
水引暖簾というものがあります。


平安時代にはもう使われていたようですが、
店名など、メッセージが入るようになったのは
鎌倉時代からと言われています。


色も、商いによってある程度決まった色がありましたが、
それも次第に、自由になってきています。

タイプ別


ただ、藍色が防虫効果が高いために呉服商や、酒造り業に
使われていたというのは納得がいくところです。


形は皆、上からつりさげるタイプですが、関東では吊るときに
使う棒は見せる傾向にあり、関西では見せない傾向にあります。


それぞれの布の長さは様々でも、同じ形の布を数枚つなげて、つかいます。

宣伝する


数は奇数枚が縁起が良いとされています。
しかし、大きな1枚ものを上下で留めて使うやり方もあり、それは
広告宣伝の道具として使われている場合がほとんどです。


長暖簾は160センチほどの長さであるために、間仕切りとして使うと
風は通るのに部屋の独立感が上がり、おちついた雰囲気となります。


また、材質の特徴は、しわになりにくいものがどんどん開発され、
その上、張りもある、良いものが出来ています。


染め方は、裏面までしっかり染まっている、染めぬきのものと
片面だけを染めているものがあり、片面だけのほうが安くなります。


片面のものはうらは真っ白です。必要に応じて使い分けると良いでしょう。
ホームセンターなどでたくさんの種類のものが用意されていますが、
オリジナルなものを注文で作ることもできますので、希望する方は
調べてみるといいですね。

 

 

特徴を活かすサイズ一般的目的メリット宣伝広告地域性起源別注オーダー料金の相場納期SITEMAP