暖簾について知りたいこと

のれんの形や特徴をよく知ることから始めよう

暖簾製作

のれんの形

暖簾は見た目も美しく、看板の代わりにもなり
さまざまな形があります。


商売をしている人にとって店の顔として利用されていて、
例えば「楽屋のれん」は楽屋の前につるすもので
歌舞伎役者や舞台俳優、日本舞踊などにはなくてはならないものになっており、
ファンの中には役者さんに楽屋のれんをプレゼントしている人も多くいます。


「湯のれん」は旅館などのお風呂で目にすることがあり、
癒しの空間へと導く役割があり、「湯のれん」をくぐるだけで
リフレッシュした雰囲気を感じることができるでしょう。


通常、暖簾のサイズは昔風に言うと鯨尺の3尺、
つまり1m13cmあります。

布丈の半分である1尺5寸、56.7cmのものを「半のれん」と呼んでいて、
そば屋やすし屋などの飲食店でよくかけられていて、暖簾を分けて入るというよりも
くぐると言う感じのあるサイズになっています。

半のれん
4尺2寸、つまり1m60cmのものを「長のれん」と言い、出入口に掛ければ
目隠しの役目もしてくれたり、商品などの前に掛けると日除けの役目にもなり便利です。

 

北陸の伝統的な嫁入り道具のひとつ「花嫁のれん」とは?

花嫁のれんは石川県を中心とした北陸地方でよくみられます。
結婚式のときに使われる特別なのれん自体や、そののれんを用いる風習のことです。

 

幕末から明治時代の頃に加賀・能登・越中などの地域で行われていました。
現代でも石川県能登地方の貴重な文化として受け継がれています。

上のほうには新婦側の実家の家紋が染め抜かれていて、その多くは加賀友禅仕立てです。
花嫁のれんは結婚式当日および1週間の短い披露期間のためだけにつくられます。

新婦の実家が発注し、婚家へ嫁入り道具の一環として贈られるものです。
値段が高く非実用品でありながら使用期間は短いので、現代では母親が
自身の花嫁のれんを娘に譲ることもあります。

関連する婚姻風習には合わせ水という風習があり、これは花嫁が
結家の敷居を跨ぐときに玄関で行う作法です。

合わせ水とは嫁ぎ先の水と竹筒に入れて持参した実家の水を
同時にカワラケに注いだものを意味します。

これを花嫁が一口飲み、その後媒酌人夫人が玄関の地面にカワラケを打ち付けて
割りますが、これは離婚して実家に戻ることがないよういという意味が込められています。

シンプルだけれどそれぞれに意味を持つのれんの形状


布丈40cmぐらいのものを軒先に張ったものを「水引のれん」と呼び、
もともと「水引のれん」は切り込みのない形で、塵除けが目的だったの
ではないかと言われています。


大風呂敷のような布の上の端を軒先に設置し、下の端を道路にせりだたせて
固定したものを「日除けのれん」と言い、風にあおられると音がするので
「太鼓のれん」とも呼ばれています。

日光を遮る

 

 

特徴を活かすサイズ一般的目的メリット宣伝広告地域性起源別注オーダー料金の相場納期SITEMAP